2012年 05月 05日
雲台
DP用として使っていたスリックのカーボン三脚の雲台を交換してみた^^



それまではDP用ということで、軽くてコンパクトなスリックの自由雲台を付けていましたが、風景撮影にはやはり3WAY雲台の方が何かと使い易いので・・・



b0238921_2030233.jpg




で、店頭で色々と触ってみた結果、ちょっとミーハーだけど価格もそれほど高くないハスキーの3Dヘッドに決めました。

主に載せるのはDPなのでもっと安価なものでも良かったのですが、場合によってはSDを載せることもあるのでそこそこしっかりしたものを・・・ということで^^



さっそく三脚に取り付けて動かしてみた感想は悪くない・・・というか、なかなか良いです♪

150mmマクロを付けたSD1を載せてもピタっと止まってくれます。



ただし、メインで使っているGITZOの三脚は雲台もGITZOの3WAY雲台なのですが、それと比べるとさすがに操作感はイマイチ・・・

止まりは良いのですが、動かす時のスムーズさにはやや欠ける感じ・・・

と言っても、ミリ単位で微妙に動かしたいという場合以外は特に問題ありません。



b0238921_20534036.jpg




対してこのGITZOの3WAY雲台は、重くて少々かさばるけど油圧機構付きで動きはとてもスムーズだしガッチリ止まるので非常に使い易い♪



さすがGITZOと言いたいところですが、ただ一つだけ難点が・・・

しかもこれが難点としてはなかなかヘヴィなもので、横位置で撮影する時には全く問題ないのですが、縦位置で撮影する時には致命的すぎる欠点。。

実は縦位置にするとティルト機能が死んでしまって全然使えないという・・・これは一体どうしてそういう設計になっているのか大きな謎なワケで(笑)

縦位置でティルトさせようと思ったら、カメラ自体の取り付け位置を90度ずらして付け直すという対処法しかないというのが物凄く納得いかないのです。



パン・ティルト・レベリング機構がそれぞれ独立しているというのが売りなのに、そのせいで縦位置撮影に難があるという・・・

何故購入前に気付かなかったのかが悔やまれますw

その分、横位置撮影ではとても使い易いのでもう三年近く使い続けているんですけどねww



というワケで、雲台を選ぶ際には店頭でよく動作状況を確認してから買いましょう(笑)
[PR]

by JIN-X3 | 2012-05-05 22:05 | 撮影日記 -Notebook-


<< 結婚記念日      浜野浦棚田夕景 >>