<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2012年 03月 19日
SIGMAを選ぶ理由
night-prowling - Explored -
SIGMA SD15 + SIGMA 85mm F1.4 EX DG HSM



SD1 Merrillの発売以降、色々なところでSIGMAのカメラに対するインプレッションやレビュー記事、作例等を目にする機会が増えてきました。

当然のことながら、実際に使ってみて「良い」と感じる人もいれば「良くない」と感じる人もいるようで、その使用感や評価はまさに十人十色・・・

「良い」と感じる人の多くは、やはり画質に対する満足感を高く評価しているようで、逆に「良くない」と感じる人の多くは、主に操作性や機能面に不満を感じているようです。



そもそもカメラや写真そのものに対する接し方や捉え方が人それぞれで異なっているので、全てのユーザーの評価がことごとく一致するということはまずあり得ません。

また、メーカーとしてはそれぞれ用途や価値観の異なるユーザーに対して、誰しもが100%納得して都合良く使えるカメラを作るということはおよそ不可能なことでしょう。

これはカメラに限らず、家電製品や自動車等他のあらゆる工業製品についても同じことが言えると思います。



例えば自動車の場合、燃費の良さを求めている人、乗り心地の良さを求めている人、乗車定員の多さを求めている人、荷室の広さを求めている人、外観の恰好良さを求めている人・・・

ユーザーの趣味や嗜好性から用途に至るまで多種多様な中で、一台だけでその全ての要求に応えられる万能な自動車など存在しませんし、また作れるワケもありません。

結局、メーカー側はそれぞれに異なる特徴を持った自動車を何種類も製造し、ユーザー側に複数の選択肢を用意するという方法で製品を供給しているのです。

これに対しユーザー側はある程度の妥協もしつつ、それでもここだけは絶対に譲れないという自分だけのヴァリューポイントを重視した結果として一台の自動車を選んでいると思います。

無論それがある人にとっては完璧な一台かもしれませんし、またある人にとっては不完全な一台なのかもしれません・・・



それがカメラの話になると何故か途端に欲張りになる人が多いようで、あっちと比べるとあの機能が足りない、この機能が使えないなどと様々な不満が口を衝いて出てくるようです。

これは、実用性という点で自動車と比べてカメラの方がより趣味性が高いと言えるからなのかもしれませんが、それにしてもカメラに多くを求め過ぎているような気がします。

もっとも、最終的に写真を撮ることが目的ではなく、優れた機能をあれもこれも搭載した高性能なカメラを所有することで満足する、それこそが目的だという人なら話は別ですが・・・



しかし、カメラはあくまで写真を撮るための道具と考えるのであれば、道具そのものの性能についてあれこれ注文をつけるよりも、その使いこなし方を工夫することの方が重要だと考えます。

ことカメラや写真に関しては、「道具が悪いから良い結果が出ない」と勘違いしている人が意外に多いような気がしています。

道具を生かすも殺すも結局は使い手次第なのではないでしょうか・・・

「バットが悪いからホームランが打てない」なんて考える人いませんよね^^



前置きが長くなりましたが・・・



今までの話をまとめると、現状ではあらゆるユーザーの要求をもれなく満たしてくれるようなオールマイティなカメラなどありません。

その代わりに、同じマーケット上にそれぞれ特徴の異なるカメラが同時に複数存在しています。

これは、先述したようにメーカーが想定しているユーザー層や使用環境、開発コンセプト等も各社様々なので当然のことです。

ユーザーはたくさんの選択肢の中から最も自分に適したカメラを選ぶことが出来るワケですが、僕は敢えてその中からSIGMAのカメラを選び、好んで使用しています。

何故なら、僕にとってSIGMAのカメラが最も自分に適していると思うからです。



これはSIGMAというブランドが好きだからという単純な理由ではなく、外観や操作性が良いからでもなく、予算的に買いやすいからでもありません・・・

個人的にSIGMAのカメラで撮った時に出てくる画像の持つ雰囲気が物凄く自分の好みに合っていて、特にその画質の良さという点にSIGMAの魅力を感じているからです。

(※この場合の「画質の良さ」というのは、決して「拡大して等倍で見ても隅々まで解像している」とかいう全く無意味な判断基準でのことを言っているのではありません。)

そんなものは写真の良し悪しを判断する材料には到底なり得ませんので、少なくとも僕にとってはどうでも良い話です。

ここで言っているのは、FOVEONセンサーで捉えられた画像の持つ独特な空気感や透明感という、数値では表せない感覚的なレベルでの話です。



二次元である写真に写っているものに実際に触れることが出来るんじゃないかと思わせるような臨場感や立体感・・・

SIGMAのカメラだけが持つFOVEONセンサーで捉えた画像そのものの独自性こそが僕にとってのバリューポイントだと認識しているからSIGMAを選んでいるのです。

それだけではなく、その画像を現像し写真として仕上げる過程も楽しめるというところにももう一つの魅力を感じています。

少しぐらい無理に扱っても、少々のことでは破綻しない画像データであるという意味でも優れていると思います。

SIGMAのカメラを愛用している人の大半が大体同じような理由でSIGMAを選んでいるのではないかと推察します・・・



そういう意味では、FOVEONセンサーという独特な撮像素子を搭載したカメラはSIGMA以外には選択肢がありませんので、多少使いにくくても決して苦にはなりませんw

と言うか、そもそも画質で選んでいるのだから、それ以外の部分は全く気になりません・・・もともと問題外なのです。

もっと言うなら(言い方が適切ではないかもしれませんが)、SIGMAのカメラに扱いやすさや便利機能など最初から求めていませんww



逆に考えると、操作性や機能面については自分でどうにでも対処することが出来るけど、センサーの違いだけは自分ではどうすることも出来ないワケで・・・

被写体によっては多少向き不向きもありますが、巷で言われているほど失敗写真を量産するカメラでもありません・・・余程の初心者でない限り「普通」に撮れます。

コツを掴めば「普通」以上の写真だって撮れます^^



だからと言って、この記事を読んでくださっている全ての人にSIGMAのカメラを勧めているワケではありませんし、他社のカメラを否定しているワケでもありません。

FOVEONの発色が好みでないならベイヤー機を使った方が良いですし、カメラに機能性を求めている方は機能が充実したカメラを使った方が満足できると思います。

また、高感度で撮る機会の多い方は高感度に強いカメラ、連写したいなら連写が速いカメラを使うべきです。

それぞれに良さがあり、それぞれに足りないところもあり・・・

そういう中で自分に合った道具を選び、とことん使いこなす・・・それがカメラとの正しい付き合い方だと思っています。



要するに、見た目はとてもスタイリッシュなのに人も荷物もたくさん積めて、さらに馬力もあるのに燃費も良いスポーツカーなんてありませんよということです(笑)



スミマセン・・・今日は酔っぱらいのひとり言でしたwww
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-19 22:36 | シグマ -Sigma-
2012年 03月 15日
DP2 Merrill の事前イメトレ!?
昨日の話ですが、ちょっと北九州方面に行く用事がありましたので、天気も良いし初代SD1片手に門司港まで足を延ばしてみました^^

お供のレンズは30mm F1.4の一本のみ・・・

そうです、DP2 Merrillの発売前に同じセンサー、同じ画角でのイメージトレーニングでもしてみようかと思いましてw



まぁ、今まで散々DP2使ってきたからわざわざ改めて確認する必要もないんですけど(笑)



単純に好きなんです・・・単焦点で撮るのが^^

理由は色々ありますが、最たるものは「余計なことを考えなくて済む」から。

反射的に「これ撮りたい」って思った時にズームで焦点距離合わせてるうちに一番撮りたかったものから意識が離れてしまうというか・・・

ファインダー覗きながらここまでフレームに入れようか、いやこれは外そうとか考え出すとそっちに意識が集中してしまって肝心なものを忘れてしまうww

単焦点の場合、撮影出来る画角に制約がある分、それよりもっと大事なところに気を配れるので結果として良い写真が撮れるような気がしています^^

限られた中でフレーミングするという工夫も、いつの間にか構図の特訓になっているんじゃないかと感じます。

画質という観点からも単焦点レンズの持つアドバンテージは大きいですしね・・・

特にDP2ぐらいの標準画角と呼ばれる焦点域は目で見たままの状態に近いので何気に好きです♪



話が逸れました。。



DP2 Merrillのイメトレなどと言いつつ、実はただブラブラと気ままに撮ってきただけですが、いくつかUPしておきます・・・



window
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



glass
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



flower
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



Glass Pot
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



SDIM4910
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



SDIM4854
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



SDIM4902
SIGMA SD1 + SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM



やっぱりガラスの質感については「FOVEON最強」と思わせるような描写♪

最後の1枚は気にしないでくださいw



失敗だったのは全部絞り開放で撮ってしまったこと・・・

DP2 MerrillのイメトレということならせめてF2.8で撮ってみるべきでしたww



おまけにこのレンズ、許せないレベルではないにしろ開放だとところどころに余計なグリーンちゃんが顔を出すので少し気になってしまうのですが・・・

これはF2.8まで絞るとだいぶ軽減されますし、DP2 Merrillのレンズではこういった色収差もかなり抑えられているでしょう^^

ま、レンズの諸収差はないに越したことはありませんが、あればあったでそれもそのレンズの個性の一つということで捉えようと思います。

収差があるから使わないとか、収差がないから使うというものでもありませんし・・・



ということで、今からDP2 Merrillの発売が楽しみです♪



早くDP2 Merrillで撮ってみたいなぁ。。
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-15 22:34 | シグマ -Sigma-
2012年 03月 14日
梅の花
          梅とか桜とかって難しい・・・



          spring flavor
          SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM



          イマイチ面白く撮れないんだよなぁ。。
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-14 00:08 | 植物 -Plants-
2012年 03月 11日
ColorMunki Photo
今日は、写真が趣味でカメラやレンズには凝っていても意外とあんまり重要視していないという人も多いモニターキャリブレーションの話。



デジタルカメラで写真を撮ってPCで現像(鑑賞)する人にとって欠かせない作業のひとつとして、液晶モニターの「キャリブレーション」作業があります。

せっかく良い写真を撮ってきても、その写真をモニターで表示した時に正しい色で再現されなければ何の意味もありません。

モニター上で微妙な色を扱ったり、滑らかな階調を表現するためには、正しい色温度や輝度・色調を再現する環境が整っていなければなりません。

どれだけ高性能なモニターを使用していても、その性能が100%発揮されなければ宝の持ち腐れになってしまいます。

また、性能や価格にかかわらずどんなモニターでも使っているうちに経時変化により次第に表示性能が劣化してくるものです。

これを補正するために必要な作業が定期的なキャリブレーションというワケです。



今回、そのキャリブレーションの際に必要となるキャリブレーションセンサーを新しく購入しました。

エックスライト社の「ColorMunki Photo」という製品。

b0238921_19292444.jpg


巻尺みたいな外見ですが、もちろん長さを測るのではなくモニターの色を測定するためのものですww



現在使用しているモニターはナナオのColorEdgeシリーズで、キャリブレーションセンサーも内蔵されてはいるのですが、より厳密な色管理をするために・・・

というか、内蔵センサーでは不可能な環境光測定まできっちり行いたかったので思い切って導入することにしました^^



ColorEdgeシリーズはモニター自体にキャリブレーション回路が組み込まれているハードウェア・キャリブレーション対応タイプなので、作業はとても楽です。

具体的にはPCとセンサーをUSBで繋いで、専用のキャリブレーションソフトを起動するだけ^^

あとはウィザードに沿って操作すれば良いので、さほど特別な知識や設定も必要ありません。

b0238921_20105871.jpg


一般的な液晶モニターでもハードウェア・キャリブレーションを行うことは可能ですが、PCのグラフィックカード等の性能により精度はマチマチです。

その他、ソフトウェア・キャリブレーションという方法もあるので、興味のある方は検索してみてください^^



いずれにしても、デジタルの場合どんなに性能の良いカメラやレンズを使っていても、モニターの色再現性が正常でなければ元も子もありません。

高価なカメラやレンズ、またはレタッチソフトを導入するよりも、現在使用しているモニターのキャリブレーションを行うことの方が先決だと思います。

モニター本来の性能を活かしきるだけで写真の仕上がりが見違えるほど良くなるかもしれません。

新たな機材を購入したり、現像テクニックを磨いたりする前に一度モニターの調整を見直してみませんか^^



さらに、このColorMunki Photoにはプリンタープロファイルの作成機能も搭載されています。

つまり、モニター上に表示されたままの色でプリントすることを可能にする機能です。

これもプリンターをわざわざ新しく買い直すまでもなく、正常な色で写真を印刷するための有効な手段となり得ます。



写真の鑑賞手段がディスプレイ上であれ、プリントであれ何よりも正しい色で見ることが出来なければせっかくの美しい写真も台無しです。

ということで、デジタル写真の肝とも言える液晶モニターのキャリブレーションを強くオススメします♪ (・∀・)/



ちなみに、ColorMunki Photoは分光式センサーで標準ズームレンズ一本分ぐらいの価格ですが、他にも安いものから高いものまで価格帯はピンキリです。

センサーの方式(フィルター式と分光式)によって区別され、種類も価格帯も様々なので、予算や用途に合ったものを選べば良いと思います。

一般的には分光式のものの方が精度が高いとされていますので、ご参考まで^^
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-11 21:56 | 撮影日記 -Notebook-
2012年 03月 10日
マクロの日。
今日はそこそこ天気も良かったので、近所に梅の花でも撮りに行ってみようかと思っていたのですが・・・

午後からの頭痛と胃痛のダブルパンチですっかり戦意喪失w

かと言って、他にやることもなかったので家にこもってマクロ撮影をして遊んでいました^^



レンズのロック機構が壊れたままの初代SD1と、OS付きのMACRO 150mmのコンビで花瓶のチューリップを撮影。

そのままでは面白くないので霧吹きで花弁に雫のお化粧をしまして・・・



SDIM4656
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM



SDIM4683
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM



SDIM4690
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM



SDIM4714
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM



SDIM4508
SIGMA SD1 + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG OS HSM



実はマクロ撮影は好きだけど、センスに欠けておりまして・・・(;´∀`)

残念ながら大した写真は撮れませんでしたが、おかげで没頭しているうちに頭痛も胃痛も忘れることができましたww



それにしても、OS付きとなって生まれ変わった150mmマクロの描写は素晴らしいです。

レンズの粗まで写し出してしまうというSD1で使用しても、これと言って特に気になるところもありません♪

開放からピントの合った部分はとてもシャープに、それでいてボケは柔らかくて美しいという。。

SD1 Merrill用にマクロレンズが欲しいという方にも自信を持ってオススメできる優秀なレンズです。



っていうか、早くSD1を修理に出さねば。。



その前に明日こそ晴れたら梅の花を撮りに行こう^^
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-10 22:24 | 植物 -Plants-
2012年 03月 10日
SIGMA SD1 Merrill ついに発売♪ヽ(´ー`)ノ
b0238921_23174341.jpg




本日ついにSIGMAからSD1 Merrillが発売されましたね^^

あのモンスターカメラが実売価格20万円を切って堂々の登場です。

発売と同時にさっそく手に入れられた方もたくさんいらっしゃるでしょうね・・・おめでとうございます(笑)



そして、中には他社からの乗り換えでSD1 Merrillをチョイスした方もいらっしゃるでしょう。。

そういう方は、もしかすると今頃ちょっと触ってみて「あら!?何や思てたんとちゃう・・・」って冷や汗たらしてるかもしれませんねw

でも、心配することはありません・・・そのうちきっと素晴らしい画質で応えてくれるハズです^^

他のカメラよりちょっとだけやんちゃだけど、そんなSD1 Merrillと仲良く戯れつつ、ただ写真撮影を楽しめば良いだけです。

「写真を撮るという行為そのものが好き」という方にとっては、逆にこれほど写真を撮るのが楽しいカメラは他にないと思います。



カメラが何でも手助けしてくれるのは楽だけど、自動的にカメラに撮らされるのなんてつまらない・・・

苦労しながらもアレコレ自分でカメラを操作して思い通りに撮りたい・・・



そんな方にはまさに打ってつけのカメラです^^

まずはSD1 Merrillでの撮影を存分に楽しみましょう♪(・∀・)ノシ



今日は何の情報もない記事でしたw



※SD1 Merrillの超カッコイイ特設サイトはコチラ⇒SD1 Merrill スペシャルコンテンツ

桐島ローランド氏による作例見ながら鼻血出してみたい方は是非ご覧ください(※要ティッシュ)ww
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-10 00:16 | シグマ -Sigma-
2012年 03月 02日
X3F現像大会
1330602845

露出 +1.8
コントラスト -0.6
シャドウ -1.5
ハイライト +2.0
彩度 +2.0
シャープネス +2.0
X3 Fill Light -1.5
ホワイトバランス オート
カラーモード スタンダード
カラー調整 6C+3M

※Photoshopで明るさと彩度をアップ・・・他w



SDIM5978a

露出 +1.5
コントラスト -1.5
シャドウ +2.0
ハイライト +2.0
彩度 +2.0
シャープネス +2.0
X3 Fill Light -0.5
ホワイトバランス 白熱電球
カラーモード ニュートラル
カラー調整 5C+50Y

※Photoshopで明るさと彩度をアップ・・・他w



あ、何のことか意味が分からないかもしれませんけど気にしないでスルーしてください(笑)
[PR]

by JIN-X3 | 2012-03-02 00:50 | シグマ -Sigma-